FC2ブログ

ONESELF編集長の独り言

大人のためのインテリアスタイル誌「ONESELF」の編集者が語る日常的なことについて

新丸ビルオープンパーティーに

先ほど行ってきました。

思っていたより綺麗な内装で、東京ミッドタウンとは多少雰囲気が違いますが、高級ホテルのような内装が印象的だった。
各階の所々にあるベンチは、しっかりとした作りの大きめのソファがゆったりと並んでおり、それはまるでホテルのロビーのようだった。
ソファの前に置かれるテーブルは、濃い目の色使いが多く、クラシックな雰囲気でもあった。

バナナリパブリックやセオリー、ビームスなどのお馴染みの企業もあったが、インテリアショップでは珍しいケーススタディショップや、 初の直営店となるモルトンブラウンもあった。

レストランも高級すし屋から昔ながらの立ち飲み屋まで、幅広くそろえていたので、来店客の滞在時間は長そう。

商業施設の話題は東京ミッドタウンが独占状態だったが、意外と面白い新丸ビルはしばらく混雑が続きそうなので、メディアにも相当取り上げられるに違いない。

ブログをごらんの皆様も一度足を運んでみてはいかがでしょうか?


大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」

070424_1910~01.jpg

070424_1554~01.jpg

070424_1648~01.jpg

スポンサーサイト



  1. 2007/04/24(火) 22:41:33|
  2. 日記
  3. | コメント:0

リヤドロのパーティーに

先日行ってきました。


リヤドロとは、スペイン・バレンシア出身のリヤドロ兄弟が生んだポセリン(陶器)ブランド。すべて手作りで、陶器とは思えない精巧さとやさしい色合いが特徴だ。

今回は、銀座本店のリニューアルパーティー。
それに伴い、日本発の商品も多数お目にかかれた。
中でも面白かったのは、洗面台と水道の取っ手。
「貝」と「ウニ」をモチーフとしたデザインが2種類展示されていたが、他では見たことがない。よく陶器にできたな、、、とただ、ただ感心するばかり。製造技術は相当なものなのだろう。


大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」



070419_2011~01.jpg

  1. 2007/04/23(月) 22:23:50|
  2. 日記
  3. | コメント:0

アートフェア東京2007に

先日、行ってきました。

東京国際フォーラムで行われたアートフェア東京2007では、展示会名の通り、様々なアートがあった。

なかには安土桃山時代の器や、紀元前に作られたコップなどの古美術も展示されていた。

このような古美術を購入された方はどのように使っているのかを出品者に尋ねると
「もちろん眺めて楽しむ方もいますが、使う方も大勢いらっしゃいますよ」
と返ってきた。なるほど、使ってこそ宝だし、また逆によほど耐久性がないと何百年、いや二千年以上、その形状を維持できない。ちょっと使うくらいでは壊れない(割れない)のだろう。
そのような歴史あるものに触れることができ、感動してしまった。


また、現代美術も多く展示されていたが、素敵なアートから、理解しがたいものまで展示されていた。

それらを見て、アートと商品の違いについて感じたことが一つ。

当社の発行する家具インテリアマガジンONESELFで取り上げるアイテムは、アートと商品のほぼ中間に位置するものがやはりベターではないだろうか、と。

アート過ぎても商品過ぎても、きっと長い間、使えないのだ。これは家具インテリアに限らず、家、車、ファッション、もちろんインテリアも、かなり共通しているのでは?と個人的には感じてしまった。



大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」
  1. 2007/04/18(水) 21:37:52|
  2. 日記
  3. | コメント:0

BALS TOKYO銀座のオープンパーティーに

先日行ってきました。

オープンは4/19ですが、早めのお披露目です。
森田恭道さんデザインの内装はなかなかの迫力!

家具インテリアのクオリティも高く、アート要素の強い商品もあり、見ているだけでも楽しめるお店に仕上がっているとは思います。

プランタン銀座のすぐそばなので、お近くにお寄りの際には見てみて欲しい。

BALS TOKYO GINZA
東京都中央区銀座2-4-6 Velvia4~5F
www.balstokyo.com

大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」

RIMG0219.jpg

  1. 2007/04/13(金) 22:35:55|
  2. 日記
  3. | コメント:0

家具インテリアマガジンONESELFのバックナンバー販売開始

今日は告知です。

当社が発行している大人のためのインテリアスタイル誌ONESELFのホームページから、お問い合せの多かった「ONESELF」の過去のバックナンバー販売を開始
いたしました。

http://www.oneself.cc/bknb/


「見逃してしまった号がある。」
「過去に気になる記事がある。」
「会社で書籍として購入したい。」
「入手先が近くにないので、どんなものが見てみたい」等

色々なご意見をいただいておりましたが、これで気になる号が
ご購入いただけます。(1部より可)

よろしかったら見てみてください


大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」

  1. 2007/04/12(木) 10:55:03|
  2. 日記
  3. | コメント:0

町田ひろ子アカデミー東京校

が、先日表参道に移転し、その記者会見に行ってきました。

町田ひろ子さんは、インテリアコーディネーターという職種を作った人とも言える人物で
「家では台所仕事をしたことの無い男性が作るキッチンや住まいに、本当の住みやすさを具現化できるのかだろうか・・・」
そんな疑問を抱きながら、女性ならではの視点による新しい仕事を作り出した方です。

ご自身で様々な仕事をこなす一方で、その経験を皆に伝えたいという思いで22年前に学校を設立。若手のコーディネーターの育成に尽力している。その姿勢は本当に素晴らしいものだと思う。

記者会見の資料の中に、町田ひろ子氏さんが書かれた書籍「あなたにもなれる!インテリアコーディネーター」が入っていたので、読んでみた。
コーディネーターの仕事内容や、進め方などを分かりやすく表現している本だが、個人的に共感できるのは前書きだった。

引用させてもらうと
「生活をより快適に過ごすために、様々な問題点を改善し、それをレイアウトや色の組み合わせで解決していく仕事」
そのとおり素晴らしい仕事だと思う。言い換えるとホームドクターともいえそうだ。
また、
「「環境が人を作る」とよく言われるように、人間は、自分を取りまく環境に大きく影響される生き物です。でも同時に、その環境を作っているのもまた人なのです。キッチンという環境を変えることで、暮らしが変わり、人が変わる――それがインテリアコーディネーターの役割だと思っています」
素晴らしい言葉だと思う。生活に関わるあらゆる環境を快適にすると、同じように人が変わっていくものだと思うが、確かにキッチンだけでも人や生活を変えることができるのだろう。

「日本の住空間の向上」という家具インテリアマガジン「ONESELF」の目的と同じ、町田ひろ子アカデミー。
その卒業生に、是非活躍してもらいたいものだ。

写真はエレベーターを降りた目の前に広がる受付。
木目の綺麗な室内で、学校とは思えない雰囲気だった。


大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」

070406_1620~01.jpg

  1. 2007/04/10(火) 12:57:28|
  2. 日記
  3. | コメント:0

ヤマギワのパーティーに

先日行ってきました。

ヤマギワとは、照明の卸業や、ヤマギワリビナダ・ドリアデ青山など家電やインテリアショップの運営をしている会社。


今回は、ドイツのセダス社の最先端オフィスファニチャーの新製品発表。またモロゾ社、フリッツハンセン社のオフィス用家具と、その空間を提案した。

どのオフィス家具も洗練されたデザインで、機能的で使いやすい。
きっと仕事の能率も上がると思いますが、家具自体に無機質さを感じてしまうのは自分だけでしょうか。

それは、きっと金属やプラスチックなど使っている素材によるのかもしれません。自然素材を使ったオフィス家具は、機能的に劣るのでしょうか・・・。

今度ゆっくり考えてみようと思う。


大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」

070404_1920~02.jpg

  1. 2007/04/09(月) 11:14:59|
  2. 日記
  3. | コメント:0

カンディハウスのパーティーに

先日行ってきました。

カンディハウスとは、北海道旭川の家具メーカー。
建築家の矢萩喜従郎(やはぎきじゅうろう)が初めて椅子をデザインし、そのお披露目パーティーだった。

これらの椅子は、コントラクトルートを狙っているそうだ。
コントラクトとは、レストランや公共施設などの業務用のこと。
確かにコントラクトで活躍しそうな椅子ばかり。
非常に丁寧なモノづくりをするカンディハウスの椅子なので、一般家庭用としても十分耐えられる見事な椅子だった。

大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」


070330_1840~01.jpg

  1. 2007/04/06(金) 19:27:15|
  2. 日記
  3. | コメント:0

ハーマンミラーのパーティーに

に先日行ってきました。

お花見パーティーということで、東京・五反田にあるデザインセンターというビル内にある、ハーマンミラージャパンさんのオフィスで開催。

皆様のワーキングスペースが会場だったのですが、それは機能的で、綺麗なオフィスでした。
よく見ると、自社の家具ばかり。スタッフの方は、有名なアーロンチェアをきちんと使っているのがよく分かりました。
良い仕事は良い環境から、を実践している素晴らしい会社だと思いました。

大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」


070323_2021~01.jpg

  1. 2007/04/05(木) 22:48:03|
  2. 日記
  3. | コメント:1

インテリアショップmoorのオープンパーティー

に先日行ってきました。

http://www.moor-store.com/

東京中目黒にできたインテリアショップで、リビング、ダイニング、ベッドルームといった一通りの家具インテリアが展示。

特に生活をイメージさせるインテリアレイアウトは非常にうまく、買う気持ちにさせる。割安感のある価格帯で、伸びていきそうなショップの一つといえそうだ。


大人のためのインテリアスタイル「ONESELF」



070323_1947~01.jpg

070323_1944~01.jpg

  1. 2007/04/05(木) 20:17:16|
  2. 日記
  3. | コメント:0